A place

隠れゲイの日々

人肌は最高のご馳走

夏も終わり少しずつ秋の気配も感じてきた今日この頃。

また新たな出会いがありました。

 

久しぶりにアパホテルに宿泊。

アパホテルといえば、アパ不倫でより有名になったように思うが、安く泊まれるビジネスホテルである。

 

たまに利用するもののポイントカードは作ったことがなかったけど、今日は自動的に受付の作業を済ますと作られていた。

よしこれでポイント貯めるぞーと。

少しだけ袴田さんを近く感じれました。

 

ホテルを予約する際に少し気になること。

誰かを部屋に入れることができるのか。

エレベーターはフロントの目の前だったりいちいち声かけられてしまったりして部屋に入れないのか。

 

基本的には予約者以外は部屋に入れないというのが常識なんだろうけど。

デリヘルを部屋に呼んでということはよくあるようで、しっかりホテルごとに口コミでデリヘルは呼べるのか呼べないのかのサイトがあるので、助かる。

で、このアパホテル調べたら呼べるが9割。タイミング悪く?声かけられたり?で呼べなかったとのコメントも少しだけあった。

 

一応エレベーターはフロントから遠い場所にあって、何とか勢いで行けそうだなと感じた。

何かあった時に部屋に呼んで話とか話とか話とかできるなあと。

 

 

明日デートの約束をしているこがいて、その子が仕事終わってメッセージをくれた。明日、夜予定入っていたこと忘れていて、大丈夫ですか?と。

もちろんランチデートの予定だったから問題なし。

 

それよりもアプリでその子が近くにいることが分かってメッセージに近くにいるんだね。何してるの?と聞くと、ちょっと用事あってと。

 

勢いで会えたら嬉しいなと少し会えたりする?と聞くと

少しなら大丈夫ですよーと。本当に近くにいてホテルまできてもらった。

もちろん部屋まで来てもらうつもりはなかったけど、ホテルの下に行くと、

うん。可愛い。

 

 

可愛い。

さてどうしたものか。

 

 

 

 

 

 

ちなみに言っておくと初めて会った。

初めましてである。

 

 

ホテル前で初めまして。

少し部屋入る?と聞くと、いいですよと。

 

これはOKと言うことなのか?とわからなくなる。

なんせモテないのだ。

 

エレベーターはやっぱり問題なく乗れて部屋まで。

入るなり、ベッドに腰掛けて少し話をした。

 

 

少しリラックスしてひじをついて話をすると相手も少しゴロンとベッドに寄りかかって来た。

指の先に彼の胸が近くに来たので、冗談で指で乳首のあたりをなぞって見たら

ビクンと。

 

そして少し熱を帯びた目でこっちを見て来た。

そして俺の指をなぞるように触って来た。

 

 

これはやばいと思いながらも、もうこれは止められないと。

Tシャツの中に手を滑り込ませて、腹筋の溝をなぞる。そして徐々に上へ。

胸。筋肉がほどよくある。

 

そして自分だけの気にするポイント。

乳首が小さい!!良しと。肥大していると何だか遊び過ぎているような感じがして冷めるのだ。

 

これはいいわーと、抱きしめてた。

 

 

ズボン脱いでくださいと言われ、脱ぐ。

わ、すごい、濡れてると。

トランクスだからすごく染みやすい・・・・

トランクス越しでも糸引くくらい濡れていた。

 

彼のズボンも脱がすと、ボクサーの彼もシミを作っていた。

見てと言うと、あ、俺もか恥ずかしい・・・・と。

 

裸にしてしまうと惚れ惚れするボディーだった。

程よい筋肉にギャランドゥー。

肌も程よく焼けていてとてもセクシーだ。

 

この先の行為は割愛させてもらうが

それはまあ美味しいご馳走となった。

眠いので今日はここら辺で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんの躊躇いもなく

恋の始まる法則として躊躇わないということがあると思う

トントン拍子に話が進んでタイミングよく会うことができたり

その先も数日も開かずに会い続けることができれば恋になるんだろう

 

 

 

今日は久しぶりにアプリでお、いいなという人からお気に入りに登録されたという表示がありメッセージしてみた。

 

そしたらとても感じがよく、今度飲みに行きましょうと言われたが、最近出張続きでなかなか会える機会もないのかな?と今夜はどうかな?というと、軽くなら大丈夫ですと会えることになった。

 

 

相手は169/68/28のテニスの写真など載せてた爽やかスポーツマン系。

スーツで飲んでる写真もとても優しそうでいい雰囲気だった。

 

駅で待ち合わせして、ついたよと送ると

アプリの調子がおかしく、メッセのやりとりができなくなり焦った。

目の前にものすごくおしゃれなイケメンがいて、あれ?まさか彼かな?と。

あっちもなぜかこっちを見たり、携帯を見たりしていて、そうかな声かけて見ようかなと。

 

でもとりあえずメッセージ見れてからにしようとしていたら、その彼に彼女が声をかけて消えていった。

 

あっぶねーと心で思いながら

冷静になろうと。

いないなーと。

 

そしたら近くのレンタルビデオ店わかりますか?と連絡きてて、そこの前でとなり向かった。久しぶりのリアル(実際に会うこと)

緊張するなーと。

 

そしたら少し前に歩くスーツ姿の人。

多分そうだなと思っていると、くるっと振り返り、

あーどーもーと。

 

 

すいませんわざわざ来てもらっちゃってと。

写真とは本当に厄介で真実を写さない。

いや、真実を写したものはゴミ箱行きが多いのだろう。

リアルは写真とのギャップに落胆することが多いのだけど、彼は写真のままだ。

爽やかリーマン的な。

 

とはいえ、実際に会うとがっかりタイプの俺は、申し訳ない気持ちに。(笑

でも顔にでるタイプとその場は楽しく接してくれる大人とこれまた2パターンいて

彼は顔には出さずにとりあえず楽しく話してくれるタイプのようで安心した。

 

 

アパレル系の方ですか?と服を見ていってくれる。

違うよーと。そんなにオシャレでもないのに少しだけ嬉しい。

 

どこ行きましょうねー少し歩くけど、今日もあの店いっぱいかな〜なんて言っていたから、一杯でもいいんで少し散歩しましょうかーとその店に向かう。

 

お店は、すぐ入れるようだ。

大きいテーブルが4つのみのお店で、みんな相席スタイル。横並びで通される。

目の前には男女カップル。

 

あんまりゆっくりはできないかなんて思いながらもでも久しぶりのリアル。

楽しいなと思っていた。

会話もとても楽しくお互い適当にあしらい、昔から友達だったかのように気が楽だ。

いいなと思った。

 

仕事も自分の会社を作って頑張っていた。

すごいなーと思いながらも。

 

そういえばアプリに何かに頑張っている人が好きと書いてあった。

その点俺はだめだなーと。

でも俺も頑張らないとなーと強く思えた。

 

お酒2杯とご飯たくさん食べてお腹いっぱい。

今日僕誘ったんで払いますよーなんて大人な発言。

年上の俺が言うべきことなのにね。

 

会話中にちょいちょい体触ったりしてエロジジイ発揮したけど

あんまり効いてなかったみたい。(笑

 

ビジネスライクな対応と言うか。

熱は感じられなかった。瞳の中に。残念。

 

帰り際、ラインだけ交換させてもらって別れた。

なかなかうまくいかない。(笑)そりゃそうか。

やることやらないとな!まずは自信持って生きなきゃ。

 

 

初めての電話

年末に出会った子とラインを交換して

ずっとやり取りしているものの

電話していい?と聞いても

あまりいい返事がなかったのでラインだけにしていたが、

今日は珍しく、何してるんですか?

電話しませんか?とラインがきた。

 

帰り道だという。

帰り道の数分間誰かと話したくなる不思議。

結果45分も話してくれたけど、

そうそうこんな雰囲気だったなととても懐かしくなった。

距離があると今すぐ会いにいけないもどかしさがあるが

好きなのだろうか。

 

今年実家に帰るらしく更に遠くなる。

このままの関係で仲良くいられるほうがいいのかな。

とりあえずまた会いたい。

それだけ。

 

 

 

 

始まり。

今日は朝からヒヤリとした。

休みなのにアラーム設定したっけ??と思って、寝ぼけながら画面を見ると上司からの電話。

何かやらかしたのかと一瞬で目が覚めたが、たいした問題ではなくちょっとした確認の電話だったようだ。

 

朝ご飯を食べ

シャワーを浴び、パソコンでちょっと作業をし、

まだ眠かったので、ベットに横たわると夕方まで寝てしまった。

最近の休みといえば寝てばかりだ。

何もしたくない。

何も考えたくない。ただただ無でありたい。

 

早起きして朝走って、ご飯を食べて仕事に向かい、帰りがけにジムで筋トレなんて

生活にも憧れはある。

ただできないから、ダメだなーなんて思ってしまうのだが。

 

睡眠欲、食欲、性欲はある。

常に男を探しているし

新しい恋はしたいと思う。

その一方で、女性からも声をかけてもらえるような距離感でいたいと思うし

日々ゲイとつるむのは苦手だったりする。

きっと人それぞれの自分のバランスというものがある。

 

なんてことない日々も

きっと自分なりのバランスを保っているのだろうと思う。

最近の無気力もそれなりに意味があるのだろう。

 

心の整理の為に日々文章に残してみようと思う。